|
いいじまちゃんねる
いいじまちゃんねる
世界中を飛び回る飯島ちゃんがお届けする、”水”と遊ぶライフスタイル日記

バリカサグ島名物『ギンガメトルネード』は噂どおりすごかった!

 

 

こんにちは。
フィリピンのパングラオ島に滞在中の飯島です。

 

以前からずっと行きたいと思っていた、フィリピンの『Balicasag Island(バリカサグ島)』。

先日ついに友達のフリーダイバーと一緒に行って参りました。

 

 

この島は、フィリピン・パングラオ島のアロナビーチから船で30分ほど。日帰りで楽しめる人気のダイビングスポットです。

 

前日の夜に急に誘われて、とりあえず必要なものをカバンに詰め込みアロナビーチへ。

 

 

 

 

ツアーの参加者は10名弱。救命胴衣を着て、みんなで小さなボートに乗り込みます。

 

 

 

 

途中で大きめの船に乗り換えて、いざバリカサグ島へ。30分ほどで到着です。

 

 

 

 

 

バリカサグ島名物『ギンガメトルネード』

 

 

ここでのダイビングが人気な理由。
それはなんと言っても、Jack Fish(ジャックフィッシュ:ギンガメアジ)。

 

 

 

 

通称『ギンガメトルネード』。こんな大群を間近で見ることができるんです。
スノーケリングだったら、このトルネードの中に泳いで行って巻かれることもできちゃう。

 

『ギンガメトルネード』に巻かれる友人パウラ

 

あたり一面、見渡す限りギンガメアジ。SF映画のような異世界に居る感覚。その迫力に圧巻されます。

 

ギンガメアジはシャイなので、いつも見れるとは限らないそう。
でも一度見つけたら、簡単に見失うことはないです。彼らは群れでゆっくりと泳いで行きます。

 

 

 

可愛いカメや小魚にも会える!

 

 

 

ギンガメアジの他にも、ここにはたくさんのカメが泳いでいます。
間近で見るカメはなんとも可愛い…。

 

 

 

小魚もたくさん居ます。

 

 

 

透明度も抜群なので、ただ泳いでいるだけでも気持ちよくて最高。

 

 

5月のフィリピンは水温28℃。日によっては30℃になることも。
ウェットスーツなしでも十分暑いです。

 

わたしはラッシュガードなしで水着だけで泳いでしまったので、背中が日焼けで真っ赤になりました。
ヒリヒリ痛い…(泣)

 

この日は10時〜13時まで、途中の休憩(30分くらい)以外はずっと海で泳ぎ続けました。
あっという間で楽しかったー。

 

 

 

一緒のツアーに参加した方々。
アジア圏を中心にアメリカからの観光客など、多国籍で楽しいツアーでした。

 

 

今回わたしが参加したツアーは、アロナビーチを9時に出発→14時に戻ってくるというもの。

金額は650ペソ(約1,300円)。

 

※フィリピンの通貨:ペソ(php)
1ペソ=2.09円(2019/5/15現在)

 

わたしが参加したもの以外も、たくさんのツアーがあります。
また、スノーケリングだけではなく、スキューバダイビングもできます。

 

ぜひ一度、『ギンガメトルネード』の迫力を味わってみてください。

 

ゆっくりと過ごしたい方には、バリカサグ島での宿泊もおすすめです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

read more
iijima_1030014109

飯島ちゃん

旅、スポーツ、自然をこよなく愛する。高校卒業まで競泳選手として活動。2014年に参加したハワイのノースショアスイムシリーズで泳ぐことの楽しさに改めて気付かされる。水中活動をより深めたいと思っており、泳ぐこと以外にも色々挑戦中。全米ヨガアライアンス200時間を修了し、ヨギーニとしての一面もある。

これまで見つけたライフスタイル
X